7.3    自動デジタルアクション

プレイヤーが特定のデジタルアクションを自動化できるようにする。

ウォッチタイム: 4 分
ゲームプレイ: PEGI 3 - 18
成績表を表示する

7.3    自動デジタルアクション

プレイヤーが特定のデジタルアクションを自動化できるようにする。

特定のアクションを実行する別の方法が利用可能な場合でも、プレイヤーによっては、全体的にアクションが多すぎてうまくプレイできないと感じる場合があります。このような場合、部分的または完全に自動化することで、プレイヤーが行う必要のあるアクションの数を減らすことができるかもしれません。そうすれば、ゲームをプレイするために必要な総入力数を減らすことができます。

デジタルアクションを自動化する方法はいくつかありますが、どのように実装するかは、各アクションの性質と各ゲームに依存します。

マリオカート8 デラックス」では、「オートアクセラレート」を有効にすることで、ハンドル操作やアイテムの使用など、他の操作と同時に加速するための入力が不要になります。

デジタルアクションを自動化する場合、他のアクションに呼応して実行させることもできます。プレイヤーがある動作をすると、それに続いて別の動作が自動的に行われるようにするのです。

アウターワイルズでは、ジェットパックのブーストモードを「オート」に設定すると、上向きの推力を使うたびに自動的にブーストされます。手動にすると、ブーストに1つ、上方への推進にもう1つの入力を使用する必要がありましたが、これによって2つの入力を同時に使用する必要がなくなります。

また、デジタルアクションを自動で実行させる方法として、ゲーム内の特定の状況でのみ実行されるようにプレイヤーが設定することができます。このコンテキストはどのようなものでもよいので、各ゲームで異なります。

MinecraftでAuto Jumpを有効にすると、ブロックに近づいたときに自動的にジャンプし、手動でジャンプしなくても登ることができるようになります。この設定は、タッチを含むサポートされているすべての入力メソッドで利用可能です。

同様に、FIFAで「Auto Switching」を「Auto」に設定すると、ディフェンス中にボールの近くにいるプレーヤーに自動的に切り替わるため、プレーヤーが手動でプレーヤーを交代する必要がなくなります。

The Last of Us Part IIでは、特定の状況下でのデジタルアクションを自動化する方法が用意されています。トラバーサル・アシスタントをオンにすると、特定の状況下でプレイヤーが特定のアクションを自動的に実行するようになります。例えば、棚に近づくと自動的に登ったり、タイミングよくロープから飛び降りたり、あるいは馬に乗りながら自動的に障害物を跳び越えたりします。

特に複雑な入力操作を必要とするアクションがある場合、その操作を自動化することで、通常ではアクセスできない一部のプレイヤーがゲームにアクセスできるようになるかもしれません。

Spider-Manでは、QTE Auto Completeを有効にすると、クイックタイムイベントが自動的に実行され、プレイヤーは他の方法では困難と思われる入力操作を避けることができるようになります。この設定には、素早く実行する必要があるボタン押しの繰り返しイベントも含まれます。

このモジュールは、Simplificationの一部です。このトピックの他のモジュールは、SpecialEffect DevKit Webサイト(specialeffectdevkit.info)でご覧いただけます。

ゲームクレジット

  1. FIFA 21 (EA Sports) – [02:06]
  2. Mario Kart 8 Deluxe (Nintendo EAD / Nintendo) – [00:48]
  3. Marvel's Spider-Man (Insomniac Games / Sony Interactive Entertainment) – [02:46]
  4. Minecraft (Mojang / Microsoft Studios) – [01:50]
  5. Outer Wilds (Moebius Digital / Annapurna Interactive) – [01:05]
  6. The Last of Us Part II (Naughty Dog / Sony Interactive Entertainment) – 00:17 / 01:36 / [02:20]

[ ] = 名前から参照される