1.1    入力デバイスの紹介

ゲームが対応している入力デバイスによって、そのゲームをプレイできるかどうかが決まります。

ウォッチタイム: 1 分
ゲームプレイ: PEGI 3 - 12
成績表を表示する

1.1    入力デバイスの紹介

ゲームが対応している入力デバイスによって、そのゲームを遊べるかどうかが決まります。ゲームパッド、キーボード、マウス、タッチスクリーンなどが一般的ですが、フライトスティックのようなあまり一般的でないデバイスでも、対応していればゲームをプレイできる場合があります。

プレイヤーは、異なる入力デバイスをより身近に、より快適に感じるかもしれません。また、アナログスティックやボタン、タッチやモーションなど、プレイヤーの好みに応じた入力方法が用意されている場合もあります。

特定のプラットフォームで利用可能なさまざまな互換性のあるデバイスを使用してゲームにアクセスする選択肢と、それらのデバイスがゲームによってどのように処理されるかの選択肢があることは、一部のプレーヤーにとって有用であり、必要なことです。

このモジュールは、Input Devicesの一部です。このトピックの他のモジュールは、SpecialEffect DevKit Web サイトの specialeffectdevkit.info でご覧いただけます。

ゲームクレジット

  1. Broken Age (Doublefine Productions) – 00:26
  2. Elite Dangerous (Frontier Developments) – 00:29
  3. FIFA 20 (EA Sports) – 00:24 / 00:40
  4. GNOG (KO_OP / Double Fine Presents) – 00:11
  5. Mario Kart 8 Deluxe (Nintendo EAD / Nintendo) – 00:34
  6. Copilot (Microsoft) – [00:21]
  7. Oceanhorn 2: Knights of the Last Realm (Cornfox & Bros.) – 00:47
  8. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (Nintendo EPD / Nintendo) – 00:49

[ ] = 名前から参照される

  1. 戻る 入力デバイス ↵