1.3    同時入力

プレイヤーに複数の入力デバイスを同時に使用させる。

ウォッチタイム: 3 分
ゲームプレイ: PEGI 3 - 18
成績表を表示する

1.3    同時入力

プレイヤーに複数の入力デバイスを同時に使用させる。

対応する入力デバイスが多ければ多いほど、プレイヤーが自分の好きな入力デバイスを使える可能性が高くなります。しかし、プレイヤーによっては、異なるデバイスの特定の部分が他のデバイスよりもアクセスしやすいと感じる場合があります。そのため、同じデバイスまたは異なるデバイスを同時に複数使用し、それぞれのデバイスからの入力を異なるアクションに使用してプレイできるようにすると便利でしょう。

このような遊び方には、複数のデバイスを同時に使用し、あたかも1つのデバイスしか使用していないかのように動作させることが有効です。アナログ入力とデジタル入力の両方について、これらのデバイスがどのように相互作用するかを考える必要があります。

Windows 10の『Ori and the Will of the Wisps』では、ゲームパッド、マウスとキーボード、キーボードのみという3種類のプレイ方法が用意されています。そして、デフォルトで対応しているすべての入力デバイスを同時に使用することができます。そのため、プレイヤーは、ジャンプや各種アビリティなどのアクションにはキーボードキーを使用し、移動にはゲームパッドのアナログスティックを使用することを好むかもしれません。この場合、最後にどの入力デバイスを使用したかによって、入力プロンプトが動的に変化しているのがわかります。

可能であれば、Ghost Recon Breakpointのように、コントローラの同時入力を有効または無効にするオプションを設けて、同時入力を選択できるようにしてください。

XboxとWindows 10のCopilot機能は、2つのデバイスを組み合わせて、1つのデバイスとして動作させることができます。しかし、一般的にはゲーム内でこの機能をサポートするのがベストです。これは、サポートされている場合、プレイヤーが各デバイスの入力とゲームプレイの設定を別々に設定できる可能性があり、すべてのプラットフォームシステムがこの機能をサポートしているわけではないためです。

また、同時入力を許可すると、他の人とコントロールを共有して、ゲーム内の1人のプレイヤーを協調してコントロールできるようになるため、便利です。

このモジュールは、Input Devices(入力デバイス)の一部です。このトピックの他のモジュールは、SpecialEffect DevKit Web サイトの specialeffectdevkit.info でご覧いただけます。

ゲームクレジット

  1. Copilot (Microsoft) – [01:48]
  2. DiRT Rally 2.0 (Codemasters) – 01:56
  3. GNOG (KO_OP / Double Fine Presents) – 00:37
  4. Ori and the Will of the Wisps (Moon Studios / Xbox Game Studios) – [01:04]
  5. The Gardens Between (The Voxel Agents) – 02:09
  6. Tom Clancy's Ghost Recon Breakpoint (Ubisoft Paris / Ubisoft) – 00:18 / [01:37]
  7. Tom Clancy's Rainbow Six Siege (Ubisoft Montreal + Ubisoft Toronto / Ubisoft) – 00:50

[ ] = 名前から参照される

  1. 戻る 入力デバイス ↵