2.3    入力スタッキング

複数の入力を同じアクションに対応させることは、プレイヤーにとって便利なことです。

ウォッチタイム: 1 分
ゲームプレイ: PEGI 3 - 7
成績表を表示する

2.3    入力スタッキング

複数の入力を同じアクションにマッピングできるようにすることは、便利なことです。

多くの場合、ゲームは入力を節約するためにリマップ時にデフォルトの入力を上書きしますが、予備の入力が利用できるゲームでは、プレイヤーは同じアクションを実行するために複数の異なる入力を使用したいと思うかもしれません。

この理由は、プレイヤーは通常、特定の入力でアクションを実行することを好みますが、ゲームでは複数のアクションを同時に、または連続して実行する必要がある場合があり、このような状況では、プレイヤーだけが別の入力を使用したいと思うことがあるからでしょう。

例えば、Celesteでは、通常、Aボタンを使ってジャンプしますが、壁を登っているときは、すでに右トリガーを押しているので、ジャンプの入力は、右バンパーなど、右トリガーに近いものの方が簡単かもしれません。

このモジュールは、アクションマッピングの一部です。このトピックの他のモジュールは、SpecialEffect DevKitのWebサイト(specialeffectdevkit.info)でご覧いただけます。

ゲームクレジット

  1. Celeste (Matt Makes Games) – [00:45]
  2. Untitled Goose Game (House House / Panic) – 00:16

[ ] = 名前から参照される